能作 -鋳物、錫器、テーブルウェア、高岡銅器-

能作 -鋳物、錫器、テーブルウェア、高岡銅器-
ロゴ_能作 / ENZO

慶長14年(1609)、加賀藩主の前田利長が “高岡”の町を開いたことを機に、高岡は“商工業の町”としての発展を遂げることになりました。

株式会社 能作は大正5年(1916)、この高岡の地に400年伝わる鋳造技術を用いて仏具製造を開始しました。

鋳造とは

鋳造とは、溶かした金属を型に流し込み、冷やして目的の形状にする製造方法をいいます。

金属を流し込む型を鋳型(いがた)、その型から取り出してできた金属製品は鋳物(いもの)。

能作は、素材特性を最大限に引き出すべく 様々な鋳造方法・加工技術を用いることで 鋳物の可能性を拡げ続けています。

地域に誇れるものづくり

地域に誇れるものづくり

創業当時は仏具、茶道具、花器を中心に、近年はテーブルウェアやインテリア雑貨、照明器具や建築金物などを手掛けています。

高度な鋳造技術や丁寧な仕上げ加工。先人により培われてきた生型鋳造法にくわえシリコン鋳造法の開発など、鋳造方法の研究や新業種(医療分野)とのものづくりにも着手。

より能(よ)い鋳物を、より能(よ)く作る。

技術と素材を最大限に生かすデザインを探求し続け、高岡の地で人に愛され 地域に誇れるものづくりを目指しています。

能作 LINE UP

能作 曲がる
曲がる

能作 花器
花器

能作 箸置
箸置

能作 酒器
酒器

関連商品・作品一覧