税別1万円以上のお買い上げで送料無料

我戸幹男商店 -山中漆器の食器-

我戸幹男商店
ロゴ_我戸幹男商店

我戸幹男商店は、明治41年(1908年)ろくろの町、山中温泉にて我戸木工所として創業しました。
その木地師の意思を受け継ぎ、天然の素材が生み出す美しい木目、木地師が一つ一つ丁寧に挽き上げた木地の完成度を重んじ、決して隠すこと無く豪快に木目を見せます。それは、裏を返せばごまかしが利かないことを意味し、素材、木地の精度、透明感のある拭漆、すべてが完璧になってこそ成り立ちます。

我戸幹男商店では、伝統的な山中漆器の高い技術性を追求し、長く愛される漆器づくりを心掛けています。

轆轤挽き

全国一の轆轤(ろくろ)挽きの産地である山中は、卓越した技を持つ木地師によって支えられています。

合口物などの精度を高める「縦木取り」、木地が透ける程に薄い「薄挽き」、無数に施される筋「千筋」などの加飾挽きは山中独自の技術であり、山中の木地師にしか成しえません。

拭漆

拭漆

漆を塗っては拭き取る作業を何度も繰り返す度に透明感のある光沢が増し、木目を鮮やかに美しく浮かび上がらせます。

我戸幹男商店では、拭漆でしか味わえない天然木の存在感をご提供するために、精魂込めて日々勤しんでおります。

我戸幹男商店 LINE UP

我戸幹男 あえか
あえか
我戸幹男 つむぎ
つむぎ
我戸幹男 凛


MATEVARI

関連商品・作品一覧